レスポンシブWebデザインとは?

「レスポンシブWebデザイン」とはパソコン、タブレット、スマートフォンなど、異なる画面サイズの幅を基準に、レイアウトを調整して見やすく最適な表示にすることを指します。

スマートフォンサイトを全く別のデータで用意して表示する作り方もありますが、「レスポンシブWebデザイン」のメリットは1つのファイルでパソコン・タブレット・スマートフォン等全ての表示を行うことができることです。

テキストや画像など共通のものを利用しますので、後々の更新や修正といった管理がしやすくなり、パソコンサイト、スマートフォンサイトで情報が異なるということは、基本的にありません。

検索サイトのgoogleが「レスポンシブWebデザイン」を推奨していて、モバイルファーストインデックス(MFI)の導入も発表され、今後ますます「レスポンシブWebデザイン」が採用されるケースが高くなることが予想されます。

レスポンシブWebデザイン案件例

responsive web design